格安航空券について。

航空券には、3種類のものがあります。
普通運賃航空券とPEX航空券、格安航空券の3種類です。

普通航空券は、航空会社が提示している金額の定価で購入する航空券です。



料金は、高いですが日程の変更などができるというメリットがあります。

PEX航空券は、航空会社が割り引きをして販売された航空券で、航空会社によって割引率が違います。シーズンによっては、かなり安くなることもあり正規割り引き航空券ともいわれます。格安航空券は、航空会社がツアー用に格安の価格で販売する航空券で、個人ではなく旅行会社に向けてツアー用に販売している航空券です。

そして、旅行会社に販売された航空券が、個人旅行者に販売しています。



日程の変更や払い戻しや事前座席指定ができないなどのデメリットもありますが、旅行へ行く日がきまってるのであれば、お得に購入できる航空券です。


格安航空券でも、ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの繁忙期には、FIX航空券と同じくらいに高く販売されることもあります。また、旅行者の少ない閑散期には、安くで販売されることもあります。



航空会社がたくさんの空席状態のままで飛行機を飛ばすよりは、料金を安くして少しでも空席が無い状態で飛行機を飛ばすことを考えて料金設定がされているため時期によって、料金の差がことなるのです。
また、同じ格安航空券でも販売される旅行会社によっても価格が違ってきます。

これは、航空券の手配料が必要になり、各会社によって金額が違うので販売される航空券の金額が違ってくるのです。

購入するときには、いろいろな旅行会社をチェックして購入するとお得な金額で購入することができます。


MENU